NEWS

カナダ・オカナガン大学との交流20周年を記念し除幕式を挙行

 本学とカナダのオカナガン大学(ブリティッシュ・コロンビア州)との交流20周年を記念して、10月24日(土)、相互に贈りあったブロンズ彫刻の除幕式が本学キャンパスで挙行されました。
 除幕式では、京都橘学園の梅本裕理事長とオカナガン大学のジム・ハミルトン(Jim Hamilton)学長の挨拶に続き、ブロンズ彫刻「Destiny」の作者であるヒアート・マース(Geert Maas)氏と梅本理事長、ハミルトン学長により除幕セレモニーが行われました。

.

 本学とオカナガン大学との交流は、1989年2月、春期英語研修として本学から語学研修生を派遣したことからスタート。その後、1994年に3カ月プログラムのSAP(セメスター・アブロード・プログラム)を実施。1996年には学生交換留学、2002年から6カ月プログラムの新SAP(英語コミュニケーション学科2回生必修)を開始し、この間、数百名に及ぶ本学学生がオカナガン大学で学びました。また、オカナガン大学からの留学生を受け入れるとともに、2003年には教員交換も行っています。
 両大学では協同で、交流20周年に関わったスタッフや卒業生の思い出を綴った「京都橘大学 オカナガン大学交流20周年記念誌」も作成しました。
 なお、オカナガン大学では本学園梅本理事長らが出席し、9月8日(火)に除幕式が行われています。

 ブロンズ彫刻の作者ヒアート・マース(Geert Maas)氏は、国際的にも高い評価のある芸術家。オランダ出身で、現在はオカナガン大学のあるブリティッシュ・コロンビア州ケローナに在住。カナダでも最大級のブロンズ彫刻コレクションやさまざまな彼の作品を集めた「ヒアート彫刻庭園とギャラリー」を運営しています。
 今回の作品「Destiny」は、四角錐様の柱に階段を上がる人物を描写。階段を上る人物は学生たちの学びの旅を示し、四角錐の角を回りながら上って頂上をめざす姿は、教育的発展と成長を表現しています。また、彫刻の下方には、本学とオカナガン大学との文化交流やパートナーシップ、フレンドシップを象徴し、両大学を示す2つの大きなメダルが埋め込まれています。高さは1.61メートル、台座を含めると2.76メートル。本学キャンパスの図書館研究室棟前に設置されました。

.

2009年度NEWS一覧へ

Tachibana Being 京都橘大学広報誌
京都橘大学 キャンパスキャラクター
ひびきといくの看護学部レポート
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。