NEWS

4月4日(金)・5日(土)の両日に新入生セミナーを開催

IMG_3218.JPG

都市環境デザイン学科は近江八幡を訪問

IMG_3261.JPG

見学で気がついたことをグループで発表

 

 4月4日(金)から5日(土)にかけて、新入生が教員や先輩、新入生同士で親睦を深め、さらに大学の学びについて考えることを目的として、新入生セミナーが開催されました。このセミナーは学科ごとに分かれて学外研修や学内での研修(「自己の探求」)、学科自主企画を実施。先輩が企画運営に携わり、新入生がスムーズに大学生活を始めることができるようサポートをしました。
 学外研修では各学科の教学の特性に応じて施設見学や体験実習を行い、学科での学びの意欲を高めました。また、「自己の探求」ではグループ討議や問題解決の実習などを通して、自己理解や他者理解の大切さを学びました。
 都市環境デザイン学科の学生らは、江戸時代の旧家や著名な建築家であるウィリアム・ヴォーリズの設計した建物が多く残る近江八幡を訪問。白雲館や西川庄六邸、旧八幡郵便局などを見学。その後、グループに分かれて、それぞれ見学を通じて学んだことや、観光地の活性化、文化プロデュースという観点で気がついたことをまとめ、発表しました。

 

日本語日本文学科:学内セミナー「自己の探求」を実施
歴史学科:平等院、宇治公園、国立民族学博物館などを見学
歴史遺産学科:MIHO MUSEUM、紫香楽宮跡、甲賀寺などを見学(4日)
       学内セミナー「自己の探求」を実施(5日)
児童教育学科:オーパルオプテックス(滋賀県大津市)にてドラゴンボート等を体験
英語コミュニケーション学科:JICA関西、国立民族学博物館を訪問
現代マネジメント学科:学内セミナー「自己の探求」を実施
都市環境デザイン学科:近江八幡、岡崎公園周辺等を見学
看護学科:学科企画の自主研修(グループワーク、レクリエーション等)、山科散策を実施
理学療法学科:学内セミナー「自己の探求」を実施
心理学科:関西セミナーハウスにて、オリター企画のグループワークを実施

2014年度NEWS一覧へ

Tachibana Being 京都橘大学広報誌
京都橘大学 キャンパスキャラクター
ひびきといくの看護学部レポート
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。