NEWS

看護学部の学生が「国際看護学」の研修でオーストラリアを訪問

 9月8日(金)から17日(日)にかけて、本学看護学部の学生14人が「国際看護学Ⅱ」の授業の一環で海外研修に参加し、オーストラリア・ゴールドコーストを訪問しました。
 今回の研修では現地の大学や病院、ホスピスなどを訪問し、オーストラリアにおける医療・看護を取り巻く現状や課題について学びを深めました。学生は興味関心のあるテーマを設定し、事前学習していた内容を踏まえ、看護教育や高齢者・妊産婦ケア、急性期ケアと緩和ケア、原住民族アボリジニーを含む多文化共生社会における医療システムなど、オーストラリア特有の課題について調査を行いました。また、現地の学生や宿泊先であるホストファミリーと交流するなど、学生にとって、異文化交流を体験する貴重な機会となりました。
 今後、11月には学内において報告会を開催し、研修で学んだことを発表する予定です。

2017年度NEWS一覧へ

Tachibana Being 京都橘大学広報誌
京都橘大学 キャンパスキャラクター
ひびきといくの看護学部レポート
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。