京都で学ぶ魅力

通説を覆す興味深い授業に知的好奇心が高められる。

京都で歴史を学びたいと、歴史学科のある大学を探していました。京都橘大学のオープンキャンパスに訪れた時、雰囲気がとても良かったので進学を決めました。歴史学科の日本史コースで、日本中世史と近世史を学んでいます。今まで持っていた歴史上の人物のイメージを覆される、興味深い授業もあって、知的好奇心が高められました。学問を主体的に学ぶ姿勢も身についてきたように思います。また、サークル活動では音楽研究部に入り、練習やライブを通じて、とても良い友人関係を築くことができました。学びに、サークル活動に、充実した日々を送っています。そして、歴史に学んで得た感動を、将来は映画やドラマなど創作の仕事に就き、人に伝えていきたいと思っています。

課外活動の楽しさ

良い友人関係を築く

私は音楽研究部でキーボードを担当しています。宮崎から京都に出てきて、初めは引っ込み思案だった私ですが、サークルメンバーと活動していくなかで積極的になってきました。

京都に来て感じたこと

碁盤の目

京都のイメージは、世界遺産がたくさんあって、碁盤の目状のまち並みに古い建物が立っている、というものでした。京都タワーからの眺望は、まさに碁盤の目で、イメージ通りで驚きました。

京都橘大学の雰囲気の良さ

新入生セミナー

入学後に行われた歴史学科の新入生セミナーでは、友人たちと一気に距離を縮めることができました。学びやすく、楽しいイベントもたくさんあり、充実した大学生活を送っています。

-2018年度-
-2017年度-
-2016年度-
-2015年度-